ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

ビリヤードその他-雑記

ほとんど真っ直ぐの配置のシュート力を上げる方法

真っ直ぐに見えなくもないけど真っ直ぐじゃない。 そんなほとんど真っ直ぐな配置になることがあります。 真っ直ぐに近いから当然ちゃんと入れたいところですが、真っ直ぐではないというのも事実で、そういう微妙な感覚に引っ張られて外すこともある厄介なほ…

短時間の練習でビリヤードを上達させる「楽しむ意識」

ビリヤードに限らず趣味の活動って仕事や家庭と並行して取り組んでいこうとすると取り組む時間を多く取れない問題があります。 色々とやりくりして練習したり試合に出たりとしていくなかで、短時間で上達するためには効率よく取り組むことが必須です。 その…

加熱式タバコ(電子タバコ)の呼出煙と受動喫煙防止条例について

加熱式タバコは副流煙が出ないから受動喫煙の心配がなく無害安全!と宣伝されていますが、あんな臭いもんが安全なわけないだろと思っていました。 また、受動喫煙防止条例では加熱式タバコについて緩和されているとは聞いていましたが、どこまで緩和されてい…

ひねるときの的球の狙い方

(※2018年6月20日、構えるときの頭の位置について加筆) 手球の中心から横にずれた位置を撞く、いわゆるひねりを使うショットについて、その狙い方を誰かに習ったことがありません。 ひねりを使ったショットというのは当然に求められるので、習ったことがあ…

ビリヤードの実力が上がる6つの練習方法

万年B級、一生懸命練習しているつもりだったけどちっとも試合で勝てずに10年余りが経過していましたが、先日ついに優勝しました。 billiardblog.hatenablog.jp ことここに至るまで色々な練習をしてきましたが、特に効果があったなって思うビリヤードの練習方…

ビリヤードの試合に参加する意義~懸けることで強くなる~

ビリヤードでは公式の団体だけでなくお店主催の試合もしばしば開催されています。 特に東京近郊である場合、探せばほぼ毎日どこかしらのお店でやっているものです。 規模の大小、レベルの高低はありますが、ある程度趣味として競技志向をもってビリヤードに…

背の低い人はビリヤードのフォームを右足基準にした方がいい

一般成人男性の平均身長は171センチ前後のようですが、私は身長164センチと背が低いです。 ビリヤードにおいて身長が低いことはデメリットしかないのですが、嘆いても変わらないところなのでこの身長で戦っていくしかありません。 低い身長の人には低い身長…

ブレイクショットの魅力を高めるルール作り

最近、より一層激しくなっている感があるパターンラックとコントロールブレイク。 この前も色々書きましたが、またちょっと思いついたので思い付いた内容についてまとめようと思います。

9ボール、10ボールで同じ配置が続く問題を解消に対する私見

私のレベルではこういったことは起こりえないのですが、プロのレベル、それも世界プロともなると9ボールや10ボールでひたすら同じ配置が続き延々マスワリ続ける、といった問題が生じるようです。 こういった事象のことを本記事ではパターンラックという名称…

キッズビリヤードに感じた思いのシナジー

昨年の12月に行われたキッズビリヤードに家族で参加しました。 キッズビリヤード自体は前回の参加時と同様に親子ともに楽しめたのですが、前回とは違うなと思った点がいくつかありました。 キッズビリヤード自体の感想と、違いから感じた思いについてまとめ…

アマローテに出場しました4 ~試合最終日編~

アマローテ2017の記事4本目です。 前回までに、自分が撞いた結果をまとめました。 アマローテに出場しました1 ~試合前日編~ - ビリログBtoA アマローテに出場しました2 ~試合当日、試合前編~ - ビリログBtoA アマローテに出場しました3 ~試合結…

アマローテに出場しました2 ~試合当日、試合前編~

前回、アマローテ前日のことをまとめました。 アマローテに出場しました1 ~試合前日編~ - ビリログBtoA 今回は、アマローテ当日の試合が始まるまでについてです。

アマローテに出場しました1 ~試合前日編~

第65回全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会(通称アマローテ)に出場してきました。 B級の部というサブカテゴリー(ジュニアクラス、トップカテゴリーのA級の部はシニアクラス)での出場だったのですが、言って埼玉県の代表の1人です。 例え予選落…

セーフティを気楽に楽しく練習する

球を入れる練習って撞いたした結果として的球がポケットに入るので爽快感があるし、的球が台から消えるというわかりやすい成功が提示されるので楽しいです。 一方のセーフティというのは、成功したからといって撞き辛い配置が残るだけですし、そもそもセーフ…

ニューアート大感謝祭2017に行ってきました

11月3日、文化の日に代官山で行われていたニューアート大感謝祭。 成功すればアマゾンギフト券5万円贈呈の7メートルのセンターショットであるモンスターショットが実施されるとのことで、開催前からビリヤードファンの間では話題になっていました。 また、18…

iOS11にするとPool Layout Memoが使えなくなります

当ブログでフル活用している配置図のiOSアプリPool Layout Memoなのですが、タイトルの通りiOS11にすると使えなくなってしまうことがわかりました。 この件について情報収集した結果と、今後についてまとめました。

親子でキッズビリヤードが親も子も最高に楽しかった

SNSを見ていたら池袋はロサ会館で開催されている親子でキッズビリヤードの情報が流れてきました。 流れてきた情報を見たところ4歳から参加できるとのことで、我が家の長男坊も参加できるようです。 長男坊は私の影響もあってビリヤードをとてもやりたがって…

アマローテ本戦に出場できることになりました

先日、第65回全日本アマチュアポケットビリヤード選手権大会、通称アマローテのB級埼玉県予選に出場し、途中で盛大にぶっ壊れて最後に持ち直したものの予選落ちした旨を記事にしました。 第65回全日本アマローテB級埼玉県予選に出場しました - ビリログBt…

連戦でわかったやるべき練習とここ最近の総括

熱く駆け抜けた9月は燃え尽きて終わりましたが、旅路は続きます。 次の球神(12月)であったり次のアマローテB級県予選(来年9月)までに残された時間は刻一刻と経過していて、次こそは今よりももっといい結果を出すために、1日も無駄にすることなく練習しな…

来年のアマローテに向けてやっていくこと

あと1勝、あと20点足らずで予選落ちした今年のアマローテですが、幸いにしてアマローテは毎年あるし年齢制限がありません。 負けたのは自分がダメだったからに尽きるわけで、逆に考えれば来年までにダメじゃなくなれば勝てるはずです。 これからの1年で何を…

ビリヤードを始めるなら今がチャンス!バグースのLet's enjoy!ビリヤードキャンペーンが始まったぞ!

(引用:株式会社バグースLet's enjoy!ビリヤードキャンペーン紹介ページより) 2017年10月5日追記 キューケースのことについて記載を加筆修正したことに伴い、微妙だと感じていた点が消失したため、見出し等含めて変更しました。 ビリヤードは、日常では一切…

不調の分析(シュート率が低下)

前回の記事の最後の方にも書きましたが、今月に入ってから大分不調です。 前回の球神から先結構いい感じに事が進んでいたのに、そういう感覚がすっかりなくなっていて悲しい毎日です。 今回の不調は、何が原因かわかるようでわからないのが辛いところです。

台上のラックシートって誰が取るべきか

ラックの組み具合はゲームにもろに影響することからラックをちゃんと組みたい、というプレイヤーの要望によりタイトラックが生まれ、タイトラックの導入コストの問題からスポットシールが生まれ普及したのが2000年代初頭。 定期的な貼り直しが必要になること…

ビリヤードのメンタルコントロールについての私感

ビリヤードはメンタルスポーツに分類されており、プレイ中のメンタルコントロールが大切です。 元々私はメンタルコントロールが苦手でしたが、最近、試合で緊張やプレッシャーにやられて潰されることがなくなりました。 緊張やプレッシャーは感じています。…

ビリヤードと賭博と法律~賭球・ハウストーナメント~

当ブログでたまに書いているビリヤード業界に法律を関係させた真面目なお話シリーズ。 私は法律の専門家ではない、厳密には工業所有権以外の私法や公法には関係がない身なので、当ブログの法解釈が正しい可能性は決して高くないのですが、そこは個人的見解で…

新しい趣味を探しているならビリヤードがオススメ

趣味があると人生が豊かになるとよく言われています。 体を動かすもの家の中でできること、世の中色々なことがありますが、私は、趣味でお金を稼ぎたい人にはあまり向かないでしょうけど、人生を彩る趣味を探しているならビリヤードがいいんじゃないかな、と…

ビリヤードにおける絶不調の治し方

5月下旬くらいから絶不調に陥りまして、ストップショットだけでいい2球取りきりが取りきれないみたいなとんでもない状態になっていました。 先日書いた西尾プロのレッスン記事でも触れましたが、色々やってどうにか回復できて普通くらいの調子に戻ったので、…

ビリヤードにおける完封について

ビリヤードは、自分が球を撞いているときに相手はただ見守るだけで、相手が撞いているときに自分はただ見守るだけ、という対戦種目でありながら相手に直接介入できない類を見ないスポーツです。 こういった性質であるため、完封できてしまうこともあり、この…

かるみにのすーくさんと遊びました

かるみにの管理人であるすーくさんが上京なさっていたので連絡を付けて球転がしたり飲んだりと遊んできました。 わたくし、家族からビリ屑と称される程度に球バカでして、球関係の方、旧友及び職場の方以外の方とお会いするのって昨年末以来だし年間2,3回と…

舐めプについて思うこと

私はB級なので、たまにA級以上の方に舐めプ(舐めたプレイ)をされることがあります。 別にその相撞きでお金や命がかかっているわけでもないしプライドもかかっていないんでしょうから、どういったプレイをするかは当人の自由だとは思いますが、それでも舐め…