読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

名古屋から来たる

ツイッターにて、なすみその球撞きのなすみそさんがホームに来れそうという流れになったことからホームにてなすみそさんと相撞きしました。

 

yamazaki-shinji.com

 

土曜夜8時のホームは案の定の満台だったのですが、すぐに台が空いたので何より。

 

と、いうわけで、なすみそさんと4-5で相撞き。

その後、ブラッドさんとバトンタッチし、お二人が相撞きしている間に練習、最後に3人で流して9ボールといった1日でした。

 

なすみそさんとの相撞き:W-2

長旅の疲れや最近こんなことなかったのにって勢いの台の速さ等でなすみそさんが調子をつかめずにいる間に地の利を生かして勝たせてもらった感じ。

やはり、A級の方を相手に後半で外してイージーな残しになると助からない。

ただ、この日は私の調子がよく流れを掴めた感がありました。

それだけに、後述するミスでマスワリを逃したのが悔しい。

 

個人練習

センターショットですが、相撞きで肩が温まったこともありサクサク達成。

そして、ブレイクをより精度よくしようと練習してみたのですが、ここで最近調子のよかったブレイクが完全にぶっ壊れました。

構えた瞬間から違和感が強かったから立ち位置の問題なんだと思うんだけど、どうにも上手くいかず。

コンパクトに撞くイメージに変えたら多少当たってくれたからよかったのですが、どうにもしっくりきません。

 

ちょっと前の記事書いた左振り4球取りきりドリル練習をやってみたら、こちらはすんなり。

なので6球取りきりにレベルを上げて挑戦してみました。

 

f:id:fumy_billiard:20160514234638j:plain

 

最初の1番のイレが精度低いのですが、そこを突破できると割と何とかなりました。

また、この練習で使う撞点力加減って普段あんまり使わない加減だってことに気付きました。

慣れないことで終始ひやひやしながらの取りきり。

これに慣れていないって引きを使いすぎの証左なのでこの練習はちょっと力入れようと思います。

 

あと、ボウラードをちょっとだけやったのですが、簡単そうな配置を勝手に難しくして死亡することがしばしばあったので、頭をちゃんと使う必要性を改めて感じました。

 

なすみそさんとブラッドさんとの3人での相撞き

1度外すと回ってこない確率が高かったので結構頑張ったところ、ちょいちょいラックを取れました。

しゃべりながらの球撞きで集中力を高めるのが得意疑惑。

キャノン、コンビと立て続けてやってどちらも成功したので、やはり4スタンス理論に基づく構え方はいい感じです。

 

この相撞きになってから、なすみそさんが難球をぶちぶちに入れちぎっていて相撞きの時にこれやられてたら確実に負けてたな、と思いました。

私は私で最後のラックを取れたので満足。

 

この日よかったこと

難しいイレの球でもちゃんとアドレスからフォームまで移行できて撞くことができた時は入れられました。

1人練習時に気付いたのですが、軸を作るアドレスの時点で左足を十分に前に出すようにすることで、アドレスからフォームに移行する際に左足を前に出すのをやめた方が精度が上がりそう。

左足を前に出す際に重心も前にずれてミスにつながっていた可能性が結構高そう。

前に出なくなることで構える位置と手球との距離が今までとはちょっと変わりそうだけど、いい具合の位置を探していきたい。

また、構えてからの素振りでキューをしっかり真っ直ぐ引けて真っ直ぐ出せたときのイレ率が非常に高かったので、ちょっと回数がかさんだとしても真っ直ぐ振る意識を大切にした方がよさそうです。

撞くまでの時間短縮は後回し。

 

この日悪かったこと

上述したブレイクがぶっ壊れたのもありますが、この日はキレ具合と台のコンディションとを調整することができず。

例えば、下記配置。

 

f:id:fumy_billiard:20160514234617j:image

 
(8番と9番があまり記憶にないのですが、7番は振りをあまりつけなくて大丈夫だった位置に8番だったはず)
ほぼ真っ直ぐで遠めの6番なので、引きをしっかり撞けばサイド前くらいまで引けるだろう、と撞いたのですが、
 
f:id:fumy_billiard:20160514234622j:image
 
キュイーン、と。
ここが上手くできていればマスワリ堅そうだっただけに悔しいのなんの。
また、この後7番で回ってきて入れた後が下記配置。
 
f:id:fumy_billiard:20160514234628j:image
 
ちょっと左振りだし、これは押していけば開いて9番にいい感じになるだろう、と。
 
f:id:fumy_billiard:20160514234634j:image
 
キュイーン、と。
開かなかったのは厚めに入ったからだろうからいいんだけど、どんだけ押せてるのよ。
力まずにしっかり切らせるぞ、と意識して撞いたらこんなことになってしまいなんともはや。
コンディションもあるけど、タップがすごくいいってのもあるのかもしれない。
 
あと、これはキレとは関係ないのですが、下記のような配置のイレがよくなかったです。
 
f:id:fumy_billiard:20160515102858j:image
 
順下で優しくいけばいいこれ。
そういえば、前回のダブルさんとの相撞き時に1回も順下撞かなかったな、と思い出しました。
順下は強くいってしっかり戻してくるときもそうですが、こういう優しくかつしっかり利かせて殺すような球も使えないといけない球なので、今度練習します。
 

そのほか

名古屋の球事情をお伺いしたり、慌ただしくも充実の時間を過ごせました。

ありがとうございました!

また上京の際にはよろしくお願いします!