読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

練習が間違っていた日

ビリヤード相撞き

金曜日のことですが、渋い台の方のホームにて、そこまで渋くない台にてB級の常連さんと4先1回。

2-4で負けました。

 

まず、相手の方がめちゃくちゃ調子よかったので、ちゃんと撞けていたとしても厳しい結果になった可能性は高いな、と思いました。

相手の方曰く、タップを変えたら途端によくなったとのことで、そういう当たりタップを引けるのがうらやましいところ。

 

しかし、この日はとにかく酷かった。

簡単な厚みでもどそっぽに飛ばすことが多かったし、ダシなんてもあったもんじゃない。

火曜日の好調をあれが実力などと思わずに夢を見ていたんだと忘れた方がいいようです。

 

悪かった原因を考えると、1つには、前日にボルダリングをやった疲労が思いっきり影響したな、と。

2ラック取ったくらいから体がバキバキになってきたので、その影響は強かったと思います。

 

そして、もう1つ思い浮かぶのは、アドレスの入り方。

鏡の前で練習している際に、左を出すときに右足をわずかに曲げると顔がずれることなくいい感じにできてたのですが、実際にキューを持って構える際にこれが悪さをしたんだろうな、と思います。

現状、アドレスから体を傾けるまでしか練習できていないので、素振りまで含めて練習できる空間を作る必要があるな、と思いました。

とりあえず、右ひざを曲げてはいけない、と学べたのでそれだけはよし、と思うことにします。

 

頭が悪かったな、と思ったのがこれ。

 

f:id:fumy_billiard:20160122205925j:image

 
この5番で、何を血迷ったか「下を弱くしっかりだ!」と思いながら撞きました。
 
f:id:fumy_billiard:20160122205933j:image
 
その通りの結果にはなったのですが、6番がちょっと遠くなる感じ。
これ、逆振りでも問題ないんだから近づけることを優先すべきでした。
結果として、ちょっと遠くなったし順振りが付きすぎた6番を弱めでいって外してしまい、このラックを取りきられました。
 
体調管理の他にも、練習でやってみたことが実際には上手くいかないときはスパッと諦めて考え直すべきだな、と思った1日でした。