ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

ロサ会館が2020年いっぱいで取り壊しになりそう

f:id:fumy_billiard:20180521183227j:plain

(2018年5月28日加筆及び修正、ビリヤード・ロサに確認を取りました)

ロサ会館が2020年末までにどう考えても取り壊しになるんじゃないか、と思わざるを得ない情報を見つけました。

ビリヤードプレイヤーとしては、ビリヤード・ロサという国内きっての大規模店の今後に関わるので、とても気になる話です。

東京都による要緊急安全確認大規模建築物の報告命令

 2018年3月29日付の東京都の公開文書で、詳細は下記リンク参照。

 

 

このpdfファイルの2ページ目に

「ロサ会館:2020年12月28日(月)までに除却予定」

と記載されていました。

 

除却とは

税制については門外漢なので正確性が怪しいのですが、基本的には固定資産を使わなくなること、のようです。

これが不動産、ビルなんかだと往々にして

「建て直しが決まり既存のビルを取り壊すことになったの、除却となります」

といった文脈で使われているようです。

 

ロサ会館が取り壊されたらビリヤード・ロサはどうなるのか?

よく使われる文脈から想像するとロサ会館は最低でも取り壊し、おそらく建て直しということになるのですが、そうなった場合、ビリヤード・ロサは果たしてどうなるのでしょうか。

レッスン等でちょいちょい利用しているだけに気になって仕方ない!

 

と、いうわけで、ビリヤード・ロサにメールを送り確認してみました。

2018年5月現在では準備組合が立ち上げられたものの日程等の詳細は決定しておらず、今後何か決まった際には公式サイトやSNSにアップする、とのことです。

あの規模のビルでも1年半前だとまだそこまで動かないということにちょっとびっくり。

 

いずれにしても除却に伴い取り壊されることは決定のようなので、利用者としてはできるだけビリヤード・ロサに行ってお金を落としてテナント主側に「優良テナント!」と思ってもらう、くらいしかできません。

行ける範囲で行こうと思います。

また続報が入り次第本記事を加筆していきます。