読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

ビリヤード初心者の始め方3 ~初めてのキュー選び~

連載 連載-初心者向けビリヤードの始め方

お店のキューって滑らなくてなんだか使いづらい!

たまに曲がってるし!入らないのは曲がっているせいだ!

 

漫画喫茶等の複合遊戯施設だと目視できるレベルで曲がっている等の酷いコンディションのキューをよく見ます。

今回は、ビギナーだけどマイキューを買った方がいいのかどうか、買うならどこでどういったキューを買えばいいのか、というところをまとめました。

 

 

 

マイキューを持つメリット

マイキューとお店のキュー(ハウスキュー)との違い、マイキューってこんなにいいんだぞ、といった点についてです。

 

経年劣化していない

ハウスキューは色んな人が使うしみんながみんな丁寧に使うわけじゃないので、お店によっては状態が酷いです。

複合遊戯施設だとシャフトが曲がってることもままありますし、ちょっとしたお店でもタップの整形がぐずぐずなこともあります。

 

シャフトの滑りがいい

キューは木材であるため、ニスが塗ってある方が湿気に強く曲がりにくくなるのですが、ニスが塗ってあるシャフトって本当に滑らないです。

グローブを買えばニスは問題ないかもしれないですが、素手だと大変だし下手すると摩擦でやけどします。

 

常に同じ道具を使うことで道具の特性を把握できる

ここでいう道具の特性とは、手球の中心よりも外を撞いたときのズレやカーブの出方、スピンの量、力の伝達具合、といった感じのものです。

 

ハウスキューだと毎回同じものを使うことがなかなか難しいです。

上述した通り、キューは木材である関係で、同じメーカー同じシリーズのキューでも特性が微妙に異なったりします。

特に、ハウスキューだと管理のされ方によって経年劣化の具合にも変化が生じ、特性の差が大きく出るため、見た目が似てても撞いてみてなんか違う、とかありえます。

 

一方、マイキューであれば使用するのはどこに行っても常に同じ1本なので、特性のばらつきといったものがありません。

横を撞いたらどれくらいずれる、ここをつけばこの程度のスピンになる、といった具合を掴むことができるため、各プレイの精度が向上します。

 

そもそもの性能がいい

ハウスキューは一般に6~8千円ですが、マイキューは殆どがもうちょっと高い(ハウスキューと同じキューを買えば同じ値段ですが)ので値段の分だけ性能もいいです。

また、マイキューのシャフトは大体がハイテクシャフトと呼ばれる代物で、特殊な構造によりズレ量の低下やスピン量の向上等、性能アップが実現されています。

ちょっと中心よりも横撞いちゃっても真っ直ぐ飛んで的球が入るとか、シャフトによっては十分にあり得ます。

 

何やらかっこいい

ハウスキューってシンプルでキュー自体がかっこいいものではないです。

マイキューになると、シンプルなものでも木目がうっすら見えたりします。

また、ギザギザした装飾(ハギ)であったり、キラキラしたものが埋め込まれたり(インレイ)。

持ってるだけでにやにやできるものです。

 

マイキューを買うタイミング

マイキューにどれだけのメリットがあるかは語りつくせたと思いますが、ビリヤードが楽しくて仕方なくなったらすぐ買うべきなのか、それともそこからもうちょっとやりこんでビギナー脱出が見えてきた頃に買うべきなのか。

過去、色々な方に意見を伺ったところ、その人のタイプによる、という結論になりました。

 

楽しくて仕方なくなったらすぐマイキューを買うべきタイプ

一度熱中したらなかなか醒めない方や高いお金を払ったら辞めるに辞められなくなるタイプの方は、楽しくなってきた今買っちゃっていいと思います。

私はとりあえず買っちゃって、今日に至っています。

 

マイキューを買うまである程度撞いた方がいいタイプ

道具を買ったら急に醒めるタイプの方は、しばらくやりこんでこのままやりこめるぞって判断できてから買った方がいいみたいです。

ビリヤード場を経営している方によると、キューを買うまでは熱心だったのに買ったら急に辞めちゃったって人を結構見ている、とのこと。

なお、そのお店では、そういった事情があるからお店のキューをしっかりメンテナンスしていたようです。

 

初めてのキューの選び方

どのタイミングで買うべきかは上述の通りですが、買うに当たって何を買えばいいのか。

キューの値段はピンキリなので、高いものになると数百万円なんてことも。

みんながみんなそういうものを持っているわけではなく、初めて買う物ではないことだけは間違いない。

都庁買い取れるくらいのお金持ちなら買ってもいいと思うのですが、その手合いはそもそも買うべきか否かとか何を買ったらいいのかとか悩まないような気がする。

 

なお、キューには、プレイキュー、ブレイクキュー(ブレイクショット専用、パワー重視)、ジャンプキュー(ジャンプショット専用、短い)と種類があるのですが、必ずプレイキューを買ってください。

背が低いからジャンプキューを買った、という人がいたと過去に聞いたことがありますが、背が低くても通常のプレイキューでまったく問題ありません。

キッズサイズのキューですらジャンプキューよりは長いんですよ。

 

値段は2万円以上がいい

昔は2万円前後だったような気がするのですが、最近はちょっと物の値段が上がったようです

後述するADAMが2万円台からエントリーモデルあり、MEZZは3万円台後半からエントリーモデルあり。

実店舗だったり顔が効く友人等がいると販売価格より下がったりするのですが、ちょっと高くなってきていますね。

 

メーカーはMEZZかADAMが無難

MEZZとADAMはいずれも日本のメーカーです。

MEZZは群馬、ADAMは埼玉。

海外製の安いのだと、シャフトがカーボンだったりすることもあり、カーボンのシャフトはニス以上に滑らないのでお勧めできません。

他の有名どころだとPredatorなんかも有名で高品質なメーカーなのですが、おもちゃみたいな見た目が酷いキューを除くと5万円程度からのようです。

 

MEZZとADAMですが、MEZZの方がシャフトが1ミリ程度細かったはずです。

そして、業界で流行りのPredatorのハイテクシャフトは、MEZZのシャフト径と同じような太さ。

あと、MEZZの方がHPや営業がしっかりしています。

ADAMはADAMで高品質だし昔ながらの感じがして、個人的には好きなんですけどね。

私が次に買う予定のキューもADAMのMUSASHIというハイエンドモデルですし。

 

この記事のために調べたのですが、MEZZはハイテクシャフト標準装備になった関係なのかエントリーモデルですら3万円後半~4万円台のようで、安いものは木目が浮かぶ程度のストレートモデルが主流。

ADAMなら2万円台からあるけど、こちらはノーマルシャフト。でもハギっぽいデザインのものもちらほらあります。

シャフトの太さ以外にも差がありました。

 

シャフトは木製ならハイテクでもノーマルでも

昔は、いきなりハイテクシャフトだとちょっとなら横撞いても入る関係で上達が阻害される、とかいう言説もあったのですが、今日日ノーマルシャフトなんて探さないと手に入らない代物なので、いきなりハイテクシャフトでいいと思います。

ノーマルからハイテクへの乗り換えやハイテクからハイテクへの乗り換えは見受けられるけど、ハイテクからノーマルって好事家以外には見ないし。

なので、これも含めてADAMかMEZZか、どちらかを選択するとよいかと。

 

気に入った見た目のものが至高

あとは、見た目が気に入ったものを買えばいいです。

性能とかはまずわからないし、上級者の方に

「これはいい!」

って言われても、その良さを理解できないし、となること必至なので、気にしないで大丈夫です。

何より、見た目が気に入ったキューだと、家で眺めて楽しい、ビリヤード場で撞いてなお楽しい、となるので捗り方が段違いです。

私がキューを買い替えようと考えているのも見た目が理由の8割を占めていますし。

 

人様の意見なんてどうでもいいんです。見た目ですから自分の感性を信じて買いましょう。

もし気に入ったのを買った後にそれをくさすような輩がでてきたら、そういう輩はカスなので関わらなければOKです。

 

グリップやタップよりも見た目を重視していい

グリップが革巻きだ糸巻きだとか、タップがモーリだカムイだとか、そういったことも気にしないで大丈夫です。

洗剤とかシャンプーが同じような価格帯でべらぼうな種類があるように、それぞれ差があるかもしれないけど似たようなもので決定的な差ではないもんです。

何より、グリップやタップは気に入らなければ変えられます。

 

キューを買うお店

関東ならNewartやOTA,プロショップUSA等色々ありますが、他地域はどうなんでしょうか?

 

店舗に行けば現物を見て試し撞きしてから買うことができます。

店舗に行けなくても、ネット通販で買えます。

最近は凄いもので、amazonとかでも買えるようですね。

 

 

ビリヤードキュー MEZZ EC7-K WX700

ビリヤードキュー MEZZ EC7-K WX700

 

 

私は、初めてのキューをプロショップUSAで買いました。そして、ブレイクキューをNewartで買い、細々したものは基本的にOTAで買っています。

どの店舗も利用したことがありますが、どこも問題なく購入できているので、扱ってる商品や送料で判断していいと思います。

 

また、専門の販売店ではなくても、ビリヤード場自体でキューを取り扱っていることもしばしばあります。

行きつけのお店で相談してみるといいかも。

(ちゃんと販路をもっているところもビリヤード場の強みです)

 

マイキュー購入時に買うべきもの

絶対に買っておいた方がいいものからあるといいかもってものまで、色々あります。

 

キューケース

買ったキューを入れるためのケースで、これは絶対に必要です。

極稀に100均で買ったフェルトと筒で代用する、みたいなハードコアな人もいますが、基本的には何かしらを買うべきです。

ケースについては、最初はバット1本シャフト1本(1B1S)入るケースを買っておけばいいと思います。

ブレイクキューを買う頃にバット2本シャフト4本(2B4S)とか、そういった大き目のキューケースにすればいいかと。

 

1B1Sのケースならそんなに重くないので、転倒等でキューが損傷するのを防ぐためにハードケースがオススメです。

ブランドとかはどこでもいいので、見た目で選ぶとよいかと。

 

 

タップメンテナンスツール

必ずいる、というわけじゃないけどどうせいずれは使うのであると便利。

押し当ててぐりぐりするだけでOKなタイプが楽なようです。

 

 

グローブ

シャフトの滑り具合を気にせずに使いたい、手汗が酷いから汗のせいで滑り具合が悪くなるのを防ぎたい。

そういう方はグローブも合わせて買うとよいと思われます。

私自身、手汗をほぼかかない人間でグローブ未使用なので、グローブについては何がよくて何が微妙かわからないため、紹介は控えます。

 

まとめ

マイキューは、いいぞ!木材輸入価格の上昇のあおりを受けてて高いけど、買おう!

大体のビリヤード場ならキューケース担いで行くだけで初見でも交流できるぞ!

 

3万円強って初期投資高い!と思われるかもしれませんが、同じメンタルスポーツのゴルフとかやばいだろうし、自転車もエントリーモデルが10万円ですし、何より1回買えば経年劣化によって買い替えが発生する代物ではないので、色々なスポーツの中でも初期投資が安い部類なのではないでしょうか?

マイキュー、オススメです。

 

おまけ1:いきなりハイエンドモデルを買うのはアリなのか

自分はもう生涯ビリヤードと生きていくからいきなり高いキューを買っちゃうもんね!見た目もかっこいいし!

 

良いと思います。

メーカーの高いキューは性能も高いので、ずっと撞くなら買って損することはないはずです。

 

おまけ2:プロダクトキューとカスタムキュー

プロダクトキューというのは、ADAMやMEZZといったメーカーにより工場で量産されているキューです。

カスタムキューというのは、キュー職人による手作り一点もののキューです。

ADAMやMEZZもカスタムキューを出していますが、職人個人のブランドが多いです。

 

カスタムキューは高いものが非常に多く、本当に高いものだと100万円を平気で越えてくるのですが、これは性能がいいわけではなく、美術品としての側面を有していることに起因しています。

素材に象牙や宝石を使っているものとかもありますし、それを使ったからといって真っすぐ撞けるわけじゃないですし。

 

私個人の考えですが、性能だけを追い求めるならプロダクトキューのハイエンドモデル(これでも10万円以上するのですが)か、ADAMのMUSASHIやMEZZのEXCEEDといったメーカーが作っているカスタムキューがベストだと思います。

20万円台ならともかく、そこから先はもう完全に性能じゃないものを求めた趣味の領域。

 

ただ、ビリヤードにおけるキューの性能というのは、定量化されているわけではないので、何がいいのかという点は突き詰めると好みに依存しています。

カスタムキューは物によって性能が全然違うため、プロダクトキューにはない味がある、という話も聞きます。

その味が好みにどんぴしゃであれば、それが一番なのかもしれません。