読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

ファッキン骨折日記12 ~病院の調べ~

連載 連載-骨折の話

リハビリやら診療やらの話だよ!

 

診察の1コマ

基本的に先生の診察は、

・骨の状態のすごくざっくりとした説明

・次回の予約

・「何か聞きたいことありますか?」

の3本立てです。

すごくざっくりとした説明、というのは、例えば直近の診察のような

 

先「このレントゲン見るとだいぶ白っぽくなってるから大丈夫大丈夫」

 

といった具合のものです。どの部分を指しているのか、とかそういう細かいことを気にしてはいけません。

先生が大丈夫って言ってるんだから大丈夫なんです。

 

今回は診察前から気になることがありました。

現在、私の左手には長さ5センチくらいのプレートが入っています。

そのワイヤーを入れるために切った傷口は2センチ程度の長さです。

物理的におかしいんです。

 

私「プレートは5センチくらいありますが、切ったの2センチくらいで、どうやって入れたんですか?」

先「それは、上手くやったんです」

私「はあ」

先「他に聞きたいことはありますか?」

 

なんで濁すの?

 

自転車解禁

私「自転車ってまだ駄目ですか?」

先「握力が15キロまでいってなければ厳しいかな」

私「前回のリハビリで15キロ出ました」

先「あ、なら乗っていいよ」

私「やったぜ」

先「でも落ちないでね。今度落ちるとプレートの根元から骨が折れて大変なことになるから」

 

別に毎度毎度落っこちてるわけじゃないですよ先生。

 

しかし、これにてバス通勤から解放されました!

早速今日自転車に乗ったのですが、汗がやばいしポケモンGOは移動距離がカウントされないしで、文明に慣れた今色々思うところはあります。

 

リハビリと握力

Fumyは右手の握力を測った!

握力は25キロだった!

30キロから落ちてるやないか。

 

Fumyは左手の握力を測った!

握力は15キロだった!

理学療法士「あと10キロですね!」

 

ゴールまでの距離が近すぎるだろ。

 

まさかの大けが

私「曲げるとやっぱり痛いですね」

理「この痛みは靭帯の損傷によるところなんですよ」

私「はあ」

理「で、脱臼してます」

 

な、なんだってー!

 

お茶目さん

理「あ、や、脱臼っていうか、靭帯が伸びちゃってるからどうしてもゆるくなっちゃっててで、脱臼しやすいといった感じで」

私「このままで大丈夫?」

理「このままで大丈夫!」

 

大丈夫ならよかった。もー。

 

リハビリと指力

握力ではなく指の筋力(指力?)を測りました。

左手は各指4キロ、右手は各指6キロ。

この数値が高いのか低いのか、統計がないからわからないらしいのですが、絶対に低いと思う。

SASUKEのクリフハンガーとか絶対無理だし。

 

私「指力はどうやれば強くなりますか?」

理「指を丸めた状態で、指を外側に伸ばそうとしながら反対の手で押し返してください」

私「これをやり続ければクリフハンガーも余裕?」

理「無理です」

 

クリフハンガー対策会議

私「あれはどうすれば?」

理「指でぶらさがるのを継続してやるしかないです」

 

身もふたもない!

 

ちなみに、あれをやりまくってると指がものすごく腱鞘炎になりやすい、指先を曲げた形で固定しちゃう可能性が高い、とのこと。

SASUKEに出るっていうことは、そういうことなんですね。

 

次回予告

今月中には完治するとのことだけど、この手首の痛みが本当に今月中に消えるのか。

そしてクリフハンガーに挑む体を構築できるのか。

この指で、未来を、人生を掴めるのか。

次回、SASUKEオールスターズへの道が開かれる!括目せよ!

 

球撞きてー。