読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

ファッキン骨折日記9 ~バイバイワイヤー~

連載 連載-骨折の話

左手首からびょーんって飛び出していた2本のワイヤーをめぐるお話。

 

7月6日、病院、診察室にて

朝一でレントゲンを撮影しての週1回の診察。

 

先生「順調ですし安全を見て来週ワイヤーを抜きましょう」

私「わかりました」

先「何か気になることはありますか?」

私「外来でやっていただけますか?」

先「まぁやっちゃいますね。入院はもう嫌でしょ?」

私「嫌です。抜くときってどういう風にやりますか?」

先「麻酔してやってもいいし、針が怖ければ麻酔なしでもいいし」

 

針よりも抜く方がものすごく怖いよ!

 

先「まぁ子供でもやってることだから大丈夫ですよ。プレート着けたときの術後に比べれば全然痛くないですし」

私「痛みでその日使い物にならないってことはない?」

先「大丈夫大丈夫!問題なく会社も行けますよ!」

 

なんかすごく軽いんだけど、手首から2本飛び出てる直径3ミリくらいのを引っこ抜くんでしょ?

そんな軽い話なの?恐怖しかないよ?

 

リハビリ室、痛みに悶えながら

リハビリすると骨じゃなくて筋が痛いです。

 

理学療法士「まだワイヤー入ってるんですよね」

私「はい、痛っ」

理「ワイヤーで動きが規制されてて力が逃げないから痛いというのもあるので、抜けば随分楽になると思いますよ」

 

この言葉以降、ワイヤーを抜く日が待ち遠しくなる。

 

7月13日、病院、レントゲン室前は井戸端

朝一レントゲン時に入院時の顔なじみの方やその方のお知り合いの方やと雑談するのがデフォになりつつあります。

 

おばちゃんA「調子はどうですか?」

私「おかげさまで、今日ワイヤー抜きます」

A「よかったわねぇ」

私「先生がサクサク抜けるって言ってるのですが、どうやるんですかね」

A「多分そのままグイって抜くわよ」

私「えっ?」

 

丁度そこにおじさんBがやってきました。

 

A「ほら、Bさんは経験者だから聞いてみれば。Bさんワイヤーってどうしました?」

B「そんなん麻酔なんかなく「息吸ってー、吐いてー」でグイッと抜いたよ」

 

いやいやいやいや。

手首横断するようにぶっ刺さってるのに、そんなん絶対痛いでしょ。

もう恐怖しかないよ恐怖スパイラルだよ。

 

診察室、先生、ペンチ

呼ばれて入った診察室には、今日撮影したレントゲンを見る先生がいました。

先「このレントゲンだったら大丈夫、今日は予定通りワイヤー抜きましょう!」

私「はい」

 

包帯やテープをはがし、アルコール消毒を施しと着々と準備を進める先生。

右手にはピンセットだったのが気が付けばペンチに。

 

先「何か気になることはありますか?」

私「あの、麻酔は?」

先「あ、いる?じゃあしましょう」

 

これ、言わなかったら麻酔抜きだったんかな。

 

ワン・ツー・スリーで引っこ抜く

麻酔を注射し、しびれてきたところでいよいよワイヤーを抜き始めました。

患部に結構な高さのガーゼが置かれたことで患部を目視せずに済んだのがちょっとありがたく。

 

先「はい、じゃあ大きく息を吸って、吐いてー、んっ!」

 

ガチンッ!

 

私の左手首には2本のワイヤー。

 

先「固っ!えー」

先「うーん、あー、じゃあこうして、はい、大きく息を吸って、吐いてー、んっっっっ!」

 

一瞬じゃなく数秒力を込めていた先生のペンチの先には1本のワイヤーが!

ノータイムでゴミ箱に捨てる先生。

 

先「大丈夫痛くなかった?」

私「はい」

先「じゃあ、はい、大きく息を吸って、吐いてー、んっっっっ!」

 

また一瞬じゃなく数秒力を込めていた先生のペンチの先には1本のワイヤーが!

そしてまたノータイムでワイヤーをゴミ箱にどーん!

 

先「大丈夫痛くなかった?」

私「はい」

先「いやー、麻酔ってすごいねー」

 

麻酔してなかったら明らかに死亡だったじゃないか。

 

解放

ワイヤーが抜けたことで、確かに痛みが減りました。

また、動作の規制も随分と和らぎ、左手でキーボードを打つのもOKとのこと。

この文章も両手で打っています。

今はワイヤーが刺さっていた穴の関係で包帯が巻かれていますが、明日には包帯を外して風呂に入ってもOKとのことなので、いい感じです。

 

余談

私「最終的にリハビリ等が終わるのっていつ頃ですか?」

先「一応、予定では術後1か月半から2か月での完治となっていて、まぁ努力次第ですね」

私「わかりました」

先「端っこの方の細かいところが折れていたのとワイヤーがあったのとでレントゲンがあんまりわかってなかったですが、ワイヤー抜いたことで来週のレントゲンではやっとちゃんと見れるので今後の方針が大分決まりますよ」

 

先生も骨の状況わかってなかったんかい!

ワイヤー抜く判断はどこでしたんだよ!

 

次回予告

今日のリハビリ時に「ワイヤー抜いたなら明日にでもビリヤード大丈夫なるかも」とか言われたけど、まだ痛いし流石に来週までは球は撞けない模様。

むしろ来週には球OK確定って考えてもいいのかな。

やばいなー来週とか仕事もちょっと緩んでるし、やばいなーにやついちゃうなー。

そして骨折日記として書きたいことが今後発生するんかな、リハビリ時の小ネタくらいしかないんだけどどうしようかな、と思いつつ、次回はそのリハビリ時の小ネタを書こうかと。

球撞きまでもうちょいなのでぐいぐいリハビリしていきます。