読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

筋肉痛だけではない

ビリヤード相撞き ビリヤード練習 ビリヤード練習-フォーム

近所のお店にて練習と7番隊隊長さんと4先2回。

 

最近、金曜日に筋トレとして腕立て伏せをやるようにしています。

今年の夏こそTシャツが似合うようになりたい、という理由もあるのですが、それ以上に一般成人男性程度の筋肉が欲しいからです。

ビリヤードにも男女差がある、ということを考えると、おそらく筋力に男女差が由来していると思われるので、女性と大差ない筋力だとキレやブレイクに限界を感じる日も近いんじゃないか、と思いまして。

 

余談ですが、ビリヤードの性差についてはあまり詳しくないけど、筋肉以外にも理由があるんだろうか。

どこかで、女性は受けて立ち回ることが苦手だから将棋でなかなか勝てない、というのを見たことがあるのですが、そういった思考法とかも関係あるのかな。

あんまり首を突っ込むとジェンダーやくざが発生しそうだから「不思議だな」程度にとどめます。

 

長々書いていましたが、要は筋肉痛が残っていたんです。

で、この影響なのか、センターショットがちっともうまくいかず。

50分かそこらずっとやってて、最終的に9連続で入ったけど、キューを真っ直ぐ出せた感は殆どなく。

横にちょっと回ったりすることもあったし、何よりキューに振動が伝わってくることがすごく少ない。

 

こういった状況で、参考までにキューを出す練習でやっている配置でキューを思いっきり出したら、フィニッシュ時にキューが完全に右を向いていました。

左から右にキューを出して、たまたま手球との接触時に真っ直ぐになっている、といった感じ。

結局、1時間近くあれこれやっても何も修正ができなかったので、また解析レッスンを受けようと決めました。

 

そんな中で、7番隊隊長さんがお手すきになっていたのを見つけ、果敢に相撞きを挑みました。

結果は、1-4、4-2でした。

 

最初の1セットは1個しか入らないマンだし、何やってもうまくいかないが継続していました。

一方、2セット目は、途中からなんかばしばし入るし外してもナチュラルセーフティになるしで、なんだったんだろ。

あと、2セット目の途中から筋肉痛を感じなくなって、起きてるうちに治った!とかはしゃいでいたのですが、アドレナリン的な関係だったようで、家に帰ったら筋肉痛残ってました。

完全にアホの子。

 

イメージと全然違かったのがこれ。

 

f:id:fumy_billiard:20160229012724j:image

 
ちょい押しくらいで長クッションと略平行なラインになるかな、と思い芯ちょい上くらいの感覚で撞きました。
 
f:id:fumy_billiard:20160229012729j:image
 
押し回転の影響がほぼなく、こんな結果に。
このときは、7番をトロンと撞いて入れて、9番も問題ないカットで仕留めきったのですが、なんとも怪しい。
この手のは、L字ドリルで練習してたはずなのですが、どうにも感覚にずれが生じているようです。
またL字ドリルを再開して直したい。
 
しかし、ちゃんと構えよう、とあれこれすると入らず、相撞きとかで遮二無二やってると入る、入ってはいるけどキューに振動がないからキューが真っ直ぐ振れているわけではない、という現状は、なんとも気持ち悪いです。
試合のような緊張感が高まった際に壊れるような気もするし。
自力でどうにかできると思えないので、やはりレッスンを受けようと思います。
 
ここまで書いて、独身生活が今日で終わることが急きょ判明した、また球屋禁止令がでた、とかで明日は更新しますがそこから先については不定期になりそうです。
なんだかなぁ。
 
球の話はここまで。
以下、球と関係ない話。
 
当ブログのリンクにも入っている真顔日記の新作が久々にめちゃくちゃ面白かったです。
 

diary.uedakeita.net

 

ブレイクに関しては、私も間違いなくゴリラワナビーです。

 

あと、最近、フリースタイルダンジョンにはまっています。

DOTAMAさんが出てた#17、#18が秀逸だし、DOTAMA VS R-指定戦が何回見直しても面白い。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ラップとか全然わからないし、バトルの評価基準とかもさっぱりだけど、たまに何かがカチッとはまって唐突に自分の中に感動が湧き上がるのがすごく楽しい。

最近のおすすめです。