読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

トラブルはないけど難しい配置

ビリヤード練習 ビリヤード練習-5個取りきり ビリヤード相撞き

ホームにて、練習した後に相撞き。

やっと練習できた!

 

まずは、ゆがんでいる気がしていたのでフォームの確認。

やはり、最初の1発目のセンターショットが外れました。

直してからしばらくは最初の1発目でも入っていたのに。

右肩が下がっている、とか、右足に体重をかけすぎていて体が傾いている可能性がある、とか(過去のブログを読み直していてそういう事象があったことを忘れていました)。

またちょっと基本の基からやり直してみます。

 

ロングの引き球をやったときなのですが、前腕を速く振ろう、と意識すると引きが良くかかりました。

そして、撞く瞬間に手首を内側に巻き込んでいることがわかりました。

めちゃめちゃ引こう、としたときだけ発生しているようです。

キューが左に出て行ってるし悪癖にも程がある。かといって手首を気にすると引けず。

困った。

 

1人練習なので5個取りきりをやります。

今回はこの配置。

 

f:id:fumy_billiard:20151124232230j:image

 
5番を左下コーナーに狙うときに右振りだと9番に当たりそう。
9番に当たらない押し強めのラインだと7番が薄くなるor8番が邪魔になりそう。
5番を左振りで取りたいけど、どうしたものか。
いっそサイドかな?
 
f:id:fumy_billiard:20151124232237j:image
 
こんなイメージで、解決しそう。
と、思い挑戦。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232249j:image
 
オーバーランするし撞き辛になるし右振りだしでもう。
ここで外して終了。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232439j:image
 
オーバーランしてしょうがないならいっそちゃんと転がして左下に取ろう、とした結果が8番に隠れたこれです。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232450j:image
 
色々考えたのですが、半タップ右を入れたこれが比較的安定のように感じました。
ただ、これもこれで加減が難しく。
右を入れ過ぎるとこうなります。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232457j:image
 
これならこれで、5番を直引きすればいいのでまだ救いはある感じ。
捻りの加減が丁度良くても力加減がよくないとこういうミスが起きます。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232511j:image
 
8番で撞き辛。
いっそ当ててしまう、というのもありだと思うのですが、当てようとすると当たらないのがビリヤードなので、難しいところ。
当たるのが怖くて加減を弱めるとそれはそれで渋くなります。
 
半タップひねる、というところでひねり増えすぎは嫌だな、と意識しすぎるとこういうミスが。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232519j:image
 
最終的に、捻れないで上図のようになるくらいならヒネリ多めのど真っ直ぐでもいい、と思いました。
ただ、この配置、他にもっといい方法があるようにも思います。
 
この後の7番ですが、結構厚くなった時に、球なりでもある程度転がって8番を左下コーナーに取れるな、と思って撞いたら転がりが足らず手球がコーナーから1ポイントくらいの位置に止まってしまうミスも発生。
球なりで短クッションに入れて転がす、というところの感覚がまだまだダメです。
 
8番がいやらしい位置にあって難しく感じた5個取りきりでした。
5個取りきりの次はブレイク。
タイミングのずれであったり、フォームのずれであったりを感じていたので、また基本の上半身だけから、徐々に強くしていく感じで練習。
構えの時は撞点を下で構える、前腕を速く振る、引き上げ時にゆっくりと体勢上げる、左ひざを上手く使う、とイメージしてやるといい感じ。
ある程度満足いった時点で測定。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232619p:image
 
やっと35キロ超えた!
この前の37キロも嘘じゃなかったのかもしれない。
ただ、まだ引き上げ時にミスキューの不安がちょっとあるので、これを払拭してもっと安定して36キロとか出せるようになりたい。
36キロはアベレージであって欲しい速度なので、まずはここまでたどり着けてほっとしています。
 
最後に、B級の店員さんと4先。
3-4で負けました。
9番外す以外はぼちぼち入ってぼちぼち出せてたのですが、一番外してはいけない球を外していては勝てません。
 
やっぱりブレイク3個インからマスワリチャンスが来ました。
 
f:id:fumy_billiard:20151124232607j:image
 
ここまで持っていって、これを外してマスワリ失敗。
マスワリできる!となったときの緊張にやられすぎです。
どうにかならんかな。
 
この外した9番を撞き込んで、最後にバラ球で気持ちよく撞けるリズムを確認してこの日は終わり。
トントン、トーン、トンスパンというリズムが何も考えずに撞くときのリズムだったので、これが自然なんだろうな。
あとは、撞くときに頭に浮かぶ撞点のこと、手球の回転のこと、厚みのこと、力加減のこと、の全部に不安が無くなってから撞くくせを付ければいいのでは、と思いました。
あと、力加減に応じてリズムは適宜変えよう、とも。
 
5個取りきりメモ
×××○○××○×××▲×(3/13)