読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

忘れたがり

ホームにて練習。
まずは、センターショット。
オープンブリッジのときの手首の角度をスタンダードブリッジと同じにして、ぶっ放しではなく色々な加減で練習。
押しのときに不安定になりがちでした。
 
次に、ブレイクの引き上げ練習。
合間合間で撮影し、テイクバック時の肘の位置を中心を検証。
引く、上げる、内に入れる、の3段階でやると理想に似る感じでした。
引き続き練習を重ねます。
 
次に、コメントいただいていた厚い球の逆押し練習。
スタンダードブリッジの方が安定したので、球に応じてブリッジを変えるようにしようと思いました。
 
そして、5個取りきり練習。
まずは、これ。
 

f:id:fumy_billiard:20151009222318j:image

 
5番はほぼストップで左上、6番を直引き、7番から8番は8番が左振りになるように、と組み立て。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222328j:image
 
このミスが多かったです。
気持ち押しになるくらいでサイドより下に入る感じでした。
90度ラインをちゃんと見ないと。
 
次は、これ。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222412j:image
 
6番、7番は厚くしたいけど、7番は厚みによってバダバタもよし、と組み立て。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222422j:image
 
5番でびっくりするくらい押しが入らずに迎えたこの配置で、厚く出そうとして撞き辛くなってしまいました。
ちゃんと撞ける場所に出してバダバタにした方が安定しそう。
 
次は、これ。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222432j:image
 
8番サイドにいきたい、7番は左振りなら楽、右振りでも厚くなければなんとかなる、と考えました。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222440j:image
 
5番から6番で、撞きやすいところから撞いたら、6番が激厚に。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222448j:image
 
多少撞き辛くてもこの位の厚みの方が安定しました。
 
で、8番なのですが、サイドは難しかったです。
コーナーにいくなり、バンクなりの方が楽そう。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222459j:image
 
8番バンクを練習するなら、この配置を練習するといい、と強いA級の常連さんからアドバイスもらいました。
この配置、こんな出し方もあるのね。
 
この後、アドバイスしていただいた上記A級の常連さんと5先。
2ー5で負け。
9番をカタカタ外しが多かったのですが、8番から9番で半端なダシになったのが主原因なのですが、左振りが苦手疑惑です。
 
明確にダシ間違いを指摘されたのがこれ。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222509j:image
 
気持ち引きたい、とか考えたのですが、
 
f:id:fumy_billiard:20151009222514j:image
 
ガッツリ引けてしまいあわや大惨事に。
 
f:id:fumy_billiard:20151009222520j:image
 
これでいい話なのに、と指摘されました。
 
ダシについて頭が悪すぎるな、と反省中。
人間誰でも失敗は忘れたがるもの、とマスターに言われたのですが、私はそれが特に強いのかも。
ブログを駆使します。
 
5個取りきりメモ
×××××⚪︎××△×(1/11)