読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

調子がいい

土曜日のことですが、渋台のホームにてB級の方と相撞き。

5-4で勝ち。

 

負けた日は負けたなりの内容だと書いた前回ですが、勝った日は勝ったなりの内容と感じたこの日。

なんか、今まで苦手だったことも割とよくできました。

 

f:id:fumy_billiard:20150808231725j:plain

 

こんなバタバタや、

 

f:id:fumy_billiard:20150808231733j:plain

 

ちょっと逆を入れたカットや、

 

f:id:fumy_billiard:20150808231741j:plain

 

殺し気味にしっかり利かせる球も、渋台でしたがサクッと入りました。

 

ここ最近、風呂での筋トレの甲斐あってキュー切れが少し上がったのですが、その弊害も。

例えばこの配置。

 

f:id:fumy_billiard:20150808231749j:plain

 

これを、

 

f:id:fumy_billiard:20150808231755j:plain

 

このイメージで撞くときって、今までは自分が撞ける中で一番下を撞くことでイメージ通りになっていたので、がっつり下を撞いたのですが、

 

f:id:fumy_billiard:20150808231802j:plain

 

引け過ぎだし、もらい捻りも相まってとんでもないことに。

タップ交換したらまた引け具合が変わると容易に考えられるので、新しい引き量にイメージが対応できるまでしばらく気を配っていきたい。

 

と、しばしばイメージが狂ったものの、大体においてはいい感じに撞けていましたが、気が付けばフルセットに。

ラックの前半をしっかり組み立てられてていい気分になっていたせいで気付いてなかったのですが、8番や9番でしくじることがとても多かったようです。

大問題です。

 

特に、金曜日もそうだったのですが、この配置の9番がちっとも入らず。

 

f:id:fumy_billiard:20150808231817j:plain

 

昔、ダシが今以上に酷かった頃は、9番がこんなのになることがしょっちゅうだったこともあり、こんな感じの9番定位置で薄めっていう配置は、割と得意な配置だったのですが、今はそうでもないみたいです。

これもまた撞き込み対象として覚えておきます。

 

ここ数日の相撞きで課題が明確になってきたので、練習していきます。

イージーな球を外す率がちょっと下がってきているのはセンターショットをやってるからという気がするので、基本もまた大切にしていきたいです。