読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

的球のスピード感覚

ホームのお店、同じエリアにラシャ張替えが比較的最近で速い台がある店舗と、渋台がある店舗と、の2店舗があるのですが、今日は渋台の方で1時間半。

こちらの店長と相撞きしてもらいました。
5-4のセットマッチで、2-5,0-5でした。実力通りの負けっぷり。

調子は普通でした。そして、練習の成果も出ました。

f:id:fumy_billiard:20150417222003j:plain

この配置で、9番にど真っ直ぐに出せました。
ただ、ど真っ直ぐの9番をカタカタで飛ばすという。慢心。

相撞き後、最近クッション際の球を入れるのが苦手、特に捻るとなかなか難しくなっている、ということを話したら、

f:id:fumy_billiard:20150417222319j:plain

この配置をサイド越せるような感じで撞いてみてください、と練習課題をもらいました。

何球か撞いて、どれもカタカタして外してたのですが、若干突っ込み過ぎてて的球のスピードが速過ぎるせいで入りにくくなってますよ、とありがたいご指摘。
スピードの話なので文字化するのは、諦めてますが、適度な加減を見せてもらって、自分でも試してみて。
いい感じに撞けたときは、ちゃんと入りました。

突っ込み過ぎがちなのは、キューを出したいからなのですが、そのことを相談したら、キューを出すというのも、どこまで出すかを意識してみることで、弱く撞くときも出せるようになるかも、合う合わないがあるからアレですが、試してみては?とアドバイスもらいました。
今度早速試してみようと思います。

その後、公式戦の話とかちらほらしつつ、当面の目標をぼちぼち決めて今日は終わり。
まだまだ、色んな余地があるな。頑張ろう。