読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

企画力

ホームにて50分ちょい練習。その後セットマッチで、この日は計1時間半でした。

 

先日出た試合で、バンクのイレが弱くなり過ぎていたことに気付いたため、サイドバンクの練習。

 

サイドバンクの練習の後に、L字ドリルの練習をしてた途中で、A級の店長さんと5先のセットマッチ。3-5で負けました。

 

撞き終わった後に、店長さんと話してたのですが、イレの力やダシのテクニックも大事だけど、企画力をもっと磨いた方がいいんじゃない?と指摘されました。1球入れることに注力しすぎてる気がします、とのこと。

 

例えば、この配置

f:id:fumy_billiard:20150319215549j:plain

フリーボールで回ってきました。

 

f:id:fumy_billiard:20150319215726j:plain

こんな感じで撞いて、

 

f:id:fumy_billiard:20150319215810j:plain

こうなりました。

 

この後、3番を引き球で入れて左下コーナーに4番を狙おうとしたら9番に手球が当たり、4番を右のサイドに逆引きで入れて回そうとしたら捻り足らずで回しきれず終了。

 

3番、今みたいにイメージで見てればすぐ気付けるのですが、上の図のような場所に出しちゃうとイレは楽でも5番が邪魔で4番に出しにくい。引いてもいいこともない。

 

f:id:fumy_billiard:20150319220432j:plain

一方、こっちの点線の範囲内に出せば、3番を入れるときに球なりに撞くだけで4番に出せる。

 

こういった、イレやすくともダシが大変になるようなクサいところを回避できるように、しっかりと組み立てを企画して撞くようにした方がいいよ、とのこと。いやはや、ありがたい。

 

色々なテクニックももちろん足りてないけど、今一番不足してる要素はこれだ!と目からウロコ状態。

 

次撞くときは、撞き急がずにまずは台を見渡して、しっかりと企画してから撞くようにしたい!

 

1人練習も大事だけど、相撞きの機会も増やしていきたい。