読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリログBtoA

球を撞いた記録と日々思うことと。ビリヤードがメインのブログです。

クリスマスに丸鶏のコンフィを

この前のクリスマスに丸鶏のコンフィを作りました。

三寒四温で春の足音聞こえスギ花粉舞い散り鼻水吹きすさぶこの時期にクリスマスの時の話をするのも何かなとは思うのですが、書きます。

めちゃくちゃ美味しいから今度のクリスマスにみんな作ろうぜ!

 

続きを読む

L字ドリル攻略

L字ドリル。

的球の配置がL字のドリル配置だからL字ドリル、という名称ですが、安直な名称にそぐわない難易度の高さ。

初めて知った2015年3月頃から折を見て挑戦しては跳ね返され早2年。

これができるとか最早プロレベルでしょ、とグツることも多々ありましたが、ちゃんとしたA級の方にやっていただくと初見か2回目くらいにはクリアするのを目の当たりにして。

A級がサクッとクリアってことはB級でもやりこめばクリアでき得る課題なんだと身につまされ、でもやっぱりクリアできなくてで、つくづく自分の下手くそ加減に苛立っていました。

 

2017年、ついにL字ドリルをクリアしました。

小躍りするくらい嬉しい。

 

続きを読む

押し球の苦手を克服する練習

押し球がビリヤードの基本だし押し中心の取り方が安定性を向上させるということは知っているのですが、どういうわけか押し球が苦手です。

ギュイーン!って切らすのができない、という意味ではなく(もちろん切らすことはできない)、イレの精度が低い、ダシのイメージが悪くラインが理解できていない、といった意味で、押しが苦手。

押し球で超有名なマスターの下でビリヤード学んでいたのに一体何故、と我がことながら不思議です。

 

押しが苦手すぎて引き球ばっか使っていたら引き球についてはなんとなく得意になってきました。

もういっそこの方向で吹っ切れてもいいかなとも思ったのですが、押しを使わざるを得ない場面とか当たり前にあるし、精度が低い今ですら押しの方が楽だと思う場面もあるので、やはりなんとか人並みに押し球の精度を出したい。

そういった思いがあり、押し球でのイレ、ダシの練習をしてみました。

 

続きを読む

平口結貴プロと青木亮二プロとのチャレンジマッチに挑んできました

平口結貴プロと青木亮二プロとの5先チャレンジマッチに挑んできました。

平口プロは一度お会いしてみたかったし、青木プロは男子プロの中で一番好きなプロだし、ということでなんとも我得なチャレンジマッチ。

結果はアレでしたが、プロ相手に自分の球を撞けたこともあり最高に楽しかったです。

 

続きを読む

ゴリラへの憧憬7 ~ビリヤードで2番目に大事なもの~

ゴリラに憧れゴリラを目指して幾星霜。

今もって体つきはポニョだし体重ばかりが増えている始末である。

パッと見細身に見える、いわゆる着やせするタイプであることから気を抜いていたのだが、腹回りのそれは完全にボンレスハムでありジャングルに放たれたらたちまち野獣の餌食になる肉体である。

ゴリラであれば襲い掛かる野獣も一撃で沈められるだろうが、私はハムの人。美味しく食べられ娑婆からバイバイ。

解き放たれたこのジャングルがコンクリートジャングルであることに感謝しつつ、今日もゴリラとビリヤードに思いを馳せる。

 

続きを読む